Tel / 06-6699-0197

出雲大社大阪分院

福の神、縁結びの神、だいこくさまと慕われる「大国主大神」様の御神徳により冠婚葬祭はもとより地鎮祭や交通安全、縁結び、初宮参り、七五三、厄除け等、皆様の幸せのための様々な御祈願を承っております。

新着情報

2017-12-17 16:00:00

 君が代のもとゐ杵築(きづき)の宮柱(みやばしら)

   たかきみかげを仰(あお)がざらめや

新しい年の始めに出雲大社大阪分院の御神殿に鎮まり坐し、幸せのご縁を結んで戴く大国主大神様(おおくにぬしおおかみさま)の御前で元旦祭を執り行い、皆々様のご息災および家内安全をご祈願申し上げます。

どうぞご家族ご一緒にご参拝下さいまして、共に新しい年の“しあわせ„を祈り、新春にお祀りいただきます“出雲大社御玉串„をお受け下さいませ。

◆元旦祭 1月1日 午前11時より斎行いたします。

◆初詣  1月1日 午前零時より午後5時まで

     1月2日、3日 午前9時より午後5時まで

     それ以降8日までは午前10時より午後5時まで

     お祓いを受けて昇殿参拝していただけます。

     また、お一人ずつに肌守り、お子様にはお菓子をお頒ちしております。

 


2017-11-21 10:00:00

PB170814 焼き増し採用分.JPGP1010783.JPG

11月17日に御鎮座87周年大祭・祖霊社大祭を皆様の御蔭をもちまして、盛大に斎行することができました。ありがとうございます。


2017-05-17 15:12:00

 

出雲大社大阪分院では一年の折り返しの日に当たる6月30日の午後4時、大祓が執り行われます。これは日常生活で知らず知らずの内に犯しているツミやケガレを祓い除き、衰えた生命力を清新に蘇えらせて戴き、これからの日々を活き活きと暮らさせて戴く伝統儀式です。大國主大神さまとの御神縁に結ばれます皆様もお集いを戴き、共々に大祓詞を唱えながら心身を祓い清め、今年の夏も健康で活き活きとお過しになられますようご案内申し上げます。

 

また、本年より、出雲大社國造家伝統の祓い清めの「輪くぐり神事」を大祓後に斎行致します。出雲大社の國造(宮司)は毎年、神楽殿に於いてこの神事をご奉仕なさいますが、本年より特別に出雲大社大阪分院の大祓に参列された皆様にも「輪くぐり神事」をお一人お一人にお仕え致します。この「輪くぐり神事」は、他では見られない出雲大社國造家に祈り継がれる独持な茅輪神事です。ご家族の皆様と共々にご参拝を戴きまして、伝統の「輪くぐり神事」で祓い清め心身の蘇りをして祈りの暮らしをお過ごし下さいますようご案内申し上げます。

                記

◆日時  平成29年6月30日 金曜日 

     午後4時 大祓(おおはらい)  大祓終了後 輪くぐり神事(午後7時まで)

◆場所  出雲大社大阪分院 神殿

◆大祓・輪くぐり神事の流れ

 午後4時 大祓斎行(ご参列ご希望の方は、時間までにご参集下さいませ。) 

  ※大祓祭祈祷名簿・人形(ひとがた)・神語奉書等は当日持参なさるか、事前に郵送下さいませ。

   当日ご記入戴くことも出来ますが、予めお電話戴きますと用紙などをお送り致します。

 大祓終了後 輪くぐり神事

  ※大祓にご参列の方から順番でお一人ずつ行いますので、人数によってお待ち戴くこともあります。

  ※作法は、御神前での拝礼の後、一対の茅を持って両肩に掛け、後ろに控えた神職がゆっくりと振り下ろす茅輪をくぐります。これを繰り返すこと三度、両肩に掛けた茅を後ろへと投げ落とし、再び拝礼をして神事を執り納めます。(その場でご説明致しますのでご心配はいりません。)

◆初穂料は特に定めておりません。お気持ちで賽銭箱にお納め下さいませ。

 

 


2017-02-25 14:06:00

出雲大社の神楽殿において、旧正月(本年は1月28日)に福神祭(ふくじんさい)が斎行されました。

福神祭に際して、全国の皆様にも福授けを戴ける「福徳会(ふくとくかい)」が結ばれております。

本日、本庁より当籤の発表があり、当社には特等「福神純金御像(じゅんきんごぞう)」当籤の旨、

御霊宮(れいぐう)と特別御弊(ごへい)と宿泊優待券の発送がありました。

当籤されたのは、節分に除災招福の祈願をなさいましたご一家でございました。

福縁に結ばれましたこと誠におめでとうございます。26日に授与させて戴きました。

福徳会は年末から年始にかけてお申し込みを受け付けております。良き福縁に結ばれますようご案内申し上げます。

 


2017-01-07 13:12:00

DSC_0224.JPGDSC_0211.JPGDSC_0219.JPGDSC_0225.JPG

出雲大社では正月7日の今日までを「松の内」と申します。

年末の12月28日にご神前の注連縄や境内の門松を飾り付けて、

大きさは様々ですが鏡もちをご神前にお供えして、

歳神(としがみ)さまをお迎えしてお正月をお祝いしております。

今年から大阪分院に於きましても、注連縄を新しくするにあたり、

島根の須賀注連縄保存会より子孫長久を願い3段の「雄松(おまつ)」「雌松(めまつ)」を

鳥居の両側に松飾り(門松)として飾らせていただきました。

併せて「杠(ゆずりは)」「裏白(うらじろ)」「南天(なんてん)」「千両(せんりょう)」

を飾らせていただき、お正月をお祝いさせていただきました。

明後日9日までは飾っておきますので、ご覧下さいませ。

 

 


1